ダーツ バレルを買うならダーツバレルの販売・買取専門店

022-716-8853

ホーム > バレル規格

バレル規格

規格

2BA

ソフトダーツとして最も一般的な規格で、バレル側が凹、チップ側が凸となっており、バレルにチップを差し込む仕組みになっています。

使用チップについて

4BA

逆ネジと呼ばれる規格で、バレル側が凸、チップ側が凹になっており、バレルのネジ山にチップを被せるように装着する仕組みになっています。
2BAのバレルでは空洞になる先端部分から、その先までバレル素材で埋まっている為、前重心になりやすい構造と言えます。

※バレルの重心はバレル内部のチップ側・シャフト側の空洞部分でも調整されますので、4BA全てが前重心とは限りません。

ハードダーツからソフトダーツに移行したプレイヤーには、先端のポイントまで金属で出来ているハードダーツに間隔が近い4BAが好まれやすいようです。

使用チップについて

No.5

2013年にバレルメーカーの「MONSTER(モンスター)」と「L-style(エルスタイル)」が共同開発した、新しいダーツの規格がNo.5(ナンバーファイブ)です。
2BAと同様にバレル側が凹、ティップ側が凸のネジ穴タイプですが、ネジ部分の径が1.6mm程細くなっているのが特徴です。
ティップのスリム化からバレル先端が細くなり、結果4BAに近いグルーピング性能を実現しました。
バレルデザインの自由度も高いため、今後に期待されている規格です。

使用チップについて

1/4

主にハウスダーツ使われる規格です。
ネジの径が2BAよりも更に太くなっており、ネジ穴は2BAやNo.5と同じくバレル側が凹、チップ側が凸となっています。
ハウスダーツは基本的にブラス製が多く、タングステンと比べて全体の重量が軽いため、ある程度の投げやすさを確保する為にはどうしても太く、長くなってしまいます。
太くなったバレルに通常の2BAティップでは径が合わず、そのままではバレルとティップの接点に段差が生まれてしまいます。
1投目はあまり気にならないかもしれませんが、段差があると2投目以降のダーツが先に刺さった1投目にぶつかり、弾かれが起こってしまいます。
その問題を解決するため、1/4は通常の2BAよりも太めに作られており、バレルとティップの段差を小さくしています。

使用チップについて


PAGE TOP